読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365アカウントでDropbox Businessにシングルサインオン

少し手数はあるものの、くっそ簡単にOffice 365アカウントでDropbox Businessにシングルサインオン(Office 365アカウントでDropbox Businessにログイン)と、アカウントプロビジョニング(Office 365アカウントをDropbox Business側に同期させる)設定がくっそ簡単にできたのでメモっておく。

Office 365とシングルサインオン(SSO)みたいなワードでググると、オンプレのADと連携させるとか、OneLoginやらのIDaaSと連携させるとか、くっそ面倒な手順の解説ばかりが見つかるのだけど、単純にOffice 365(厳密にはAzure Active Directory: Azure AD、Office 365アカウントがあれば無償利用できる)単体でどうにかなるようだ。

あえて言うまでもないとは思うが、Office 365には既に登録してある前提の手順となる。

  1. Dropbox for Bisunessに登録。最初のアカウント登録は、管理者となるOffice 365アカウントのメールアドレスで行う。
  2. Azure ADを有効化する。Azureの管理センターのメニューでAzure ADを選択すれば、有効化されるはず(うちの環境ではかなり前から有効化済みなので、この手順はあいまい)
  3. Azure ADの管理画面を開いて、アプリケーション→追加→ギャラリーからアプリケーションを追加で、Dropbox Businessを選択する。
  4. あとはウィザードに従って、設定を行う。

だいたいこんな感じの設定手順で設定が行えた。アカウントプロビジョニングの設定を行うと、Azure AD側からDropbox Bisinessを利用できるアカウントの管理ができるようになる。