読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateyパッケージの作り方

Chocolatey

Chocolateyパッケージ開発環境の準備

  1. Chocolateyのインストール
  2. NuGetコマンドラインツールのインストール
    • cinst nuget.commandline
  3. Chocolateyアカウントの取得
  4. Chocolatey APIキーの登録
  5. 適当なGitクライアントのインストール
    • cinst git とかでもOK
  6. WarmuPのインストール
    • cinst warmup
  7. パッケージテンプレートの取得
  8. WarmuPにテンプレートを設定(管理者権限が必要)
    • cd %ChocolateyInstall%\chocolateytemplates\_templates
    • warmup addTemplateFolder chocolatey "%CD%\chocolatey"
    • warmup addTextReplacement __CHOCO_PKG_OWNER_NAME__ "自分のChocolateryアカウント名"

Chocolateyパッケージを作る

  1. warmup chocolatey 任意のPackageName
  2. cd PackageName
  3. .nuspecを編集
  4. tools/chocolateyInstall.ps1を編集
  5. cpack
    • cpackコマンドはパッケージディレクトリに入ったまま実行
  6. 動作確認
    • cinst PackageName -source '%cd%'
リファレンス

Chocolateyパッケージのアップロード

Chocolateyのページから直接アップロードするか、コマンドラインのどちらかで行う。

コマンドラインの場合は、 cpush PackageName.1.1.0.nupkg みたいな感じで。

補足

ここに書いた手順だけだと、アンインストールがちゃんとできないので、chocolateyUninstall.ps1も作る必要がある。