読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScriptパターン読んだ。結構いい本だと思う。

id:uupaa さんが良い本とTwitter上で言っていたので、勢いで買って一気に読んだ。索引も含めて200ページ程度の本なので、JavaScriptがガッツリ書ける人であれば1時間弱、中級者程度でも2時間強もあれば一通り読めると思う。

感想とか、各章で個人的に気になったところとか

多少「これ書かなくてもいいんじゃね?」的な感じを受けた箇所があったが、上級者を目指す中級レベルのJSerは読んだほうが良さそうな気がする。個人的には自己流?でやっていたことがパターンとして記載されていて、概ね正しいことをしていたんだなぁと再確認できてよかった。

1章
2章
3章
  • プリミティブ値やリテラルで記述できる組込みコンストラクタをnewするのはやめようぜ
    • Object, Array, String, Number, Boolean, RegExp
      • new Object(1).constructor == Number となることは知らんかった(サイ本で読んだような記憶も。。。
4章
  • 関数には「本名」をつけようぜ、firebugとかでデバッグするときに分かりやすくなるから
  • コールバックっていいものですね
  • これって自己定義関数(遅延関数定義)って言い方あったのか
    • var foo = function () { foo = function () { ... }; };
    • 遅延評価したいときに使う
  • これって即時関数って言い方あったのか
    • (function () { ... })();
  • カリー化!カリー化!
    • あまり使わないし、解説必要だったのかなぁ
    • Function.prototype.bind()を覚えたほうが良さそうな気が
5章
6章
  • 継承(クラスっぽいもの)はKlassだけ見たらいい気がする
    • 他のパターンが解説に必要なことは分かるけど。。。
  • Function.prototype.bind()の解説がここに
7章
8章
  • ポイントはまとまってるけど、情報不足な感じがする